藤田真央 習志野文化ホール

今回のプログラムのテーマはファンタジーです✨✨

決まった型のないファンタジーという音楽は、自由そのもの。さまざまな作曲家の幻想曲を集めて構成していますが、

それはつまり、私が抱く作曲家たちのファンタジー、私自身のファンタジーを弾くということ。

新しい世界を求めて取り組む渾身のプログラムです!

この後、藤田真央さんの曲目解説が、1曲ずつ書かれてます。

アンコール曲

1.ショパン:ワルツ第7番 Op.64-2

2.リスト:愛の夢 第3番

3. アザラシヴィリ:無言歌

藤田真央さんの演奏を聴いてきました。

とても、独創的で自由で、素敵な演奏でした✨✨

モーツァルト・チャイコフスキーはもちろん素晴らしかったのですが、アルカンに驚いてしまいました!

休憩時間、ぼーとして、椅子に座ってしました。

今年、2度目の藤田真央さんの演奏。習志野文化ホールのピアノ🎹がまたいい感じなんです。

是非、3度目もチケット取れますように🙏🙏🙏

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です